歯科で出来る施術を知って効果的に治療をうけよう

治療方法

自宅で行う

ホワイトニングの治療方法は、いろいろあります。その中で、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングがあります。
これらの方法は、それぞれ、漂白方法が異なります。ホームホワイトニングでは、マウスピースを歯科で作ってもらいます。
マウスピースを使うことで自宅治療をすることが可能になります。また、自宅でマウスピースに治療薬を入れてマウスピースをはめることでホワイトニングを行います。
マウスピースは、一度付けて、長時間付けることが必要になります。長時間ホワイトニングを行うことで、色が戻りにくく、何時までも白い歯を維持することが可能になります。

歯科で行う

歯科で行うことが出来るホワイトニングは、オフィスホワイトニングです。歯、一つ一つに、ホワイトニング剤を塗って行き、ライトを当てて白くしていきます。
歯科で使われるホワイトニング剤は、自宅で使っている溶剤の10倍の濃度をしているので、治療中に、誤って、歯茎などにつくと白くなることや痛みを伴うこともあります。
また、歯を白くする治療では、維持管理が大切になります。維持管理をすることで、何時までもきれいで白い歯を維持することが出来ます。
歯は、毎日使うことになるのでホワイトニング効果が薄れることもあります。そのために、定期的な治療が必要になります。
治療を受けた跡のことが大切で、管理の意識を高く持つことが重要になります。
いろいろな方法を知ることで適切な治療方法を知ることが出来ます。適切な治療をしてくれる歯科を探すことはとても大切な事になります。

Copyright (c) 2015 歯科で出来る施術を知って効果的に治療をうけよう all reserved.