歯科で出来る施術を知って効果的に治療をうけよう

歯を白くする

ホワイトニングは、歯を白く刷る効果があり、明るくすることが可能になります。歯に付いている色素を落とすことや歯の中にある色素を分解して、歯の色を明るくすることが出来ます。
ホワイトニングは、1989年にアメリカで初めて行われました。むかしのホワイトニングは、歯を削って白い物質を塗ることや差し歯をして、歯を白くする方法しかありませんでした。
しかし、年々につれたホワイトニングの技術が高くなり、白い歯を作ることが出来るようになりました。
ホワイトニングには、大きく分けて2つに分類することが出来ます。ホワイトニング剤を歯の表面に塗って、歯の中にある色素を分解することができる光を充てることで、白い歯を作る方法があります。
他にも、マウスピースを使用して、ホワイトニング剤を入れて、歯を白くする方法があります。
これらの二つをすることで清潔感のある歯を作ることが可能になります。しかし、これらの治療方法には、個人差があるので、効果に時間がかかることもあります。
中には、元々の歯が色ついていて、色素を分解しにくい人や変色している人などは、ホワイトニングの効果が薄くなることがあります。
また、虫歯や治療で変色している場合や黒く変色している場合や人口歯の場合などは、ホワイトニングの治療を受けることが出来ません。
知覚過敏や虫歯、歯周病の場合もホワイトニング治療を受けることが出来ないです。
治療をうける前にいろいろなことを確認して、治療を受ける様にしましょう。

Copyright (c) 2015 歯科で出来る施術を知って効果的に治療をうけよう all reserved.